妊婦の便秘にマグミット(マグネシウム)が良い?~妊婦に人気の便秘薬マグミット~

普段の便秘も辛いですが、普段の生活とは違う妊娠中の便秘は更に辛いものです。

お腹の赤ちゃんのことを考えて薬を飲まずに治そうとする人も多いのではないでしょうか?

産婦人科で便秘について相談すると、マグミット(マグネシウム)という便秘薬を処方されることがありますが、妊娠中でも飲める便秘薬マグミットとはどんな薬でしょうか?

妊婦の便秘薬マグミット(マグネシウム)とは?

妊娠中に薬って飲んでも良いの?と不安に感じる妊婦さんもいると思いますが、マグミットには副作用の心配が少ないため、安心して使用することが出来ます。

マグミットの主となる成分は酸化マグネシウムで、水分を吸収する性質があるため腸内で溜まって硬くなった便を柔らかくする作用があります。

一般的な便秘薬は、腸の運動を活発にする刺激薬ですが、マグミットは穏やかに効き目を発揮します。

また胃酸を抑えることも出来るので、胃にも優しく安全な薬です。

[ スポンサードリンク ]


マグミット(マグネシウム)を飲んでも効果がない!?

 

マグミットを飲み始めて便秘が解消されたという人と、マグミットで効果を全く感じなかったという人がいます。

マグミットの効果の有無は、便秘の状態によっても変わってきます。

頑固な便秘で、マグネットの作用だけでは便秘を促すことが困難である、食物繊維不足により便がない場合は、マグネットを飲んでも便秘はよくなりません。

食べ物が偏っていたり運動不足になっていたり、水分を摂っていない、妊娠してからストレスが増えたように感じるなど、何か心当たりはありませんか?

このような生活習慣を持っていると、マグネットを飲んでも便秘への効果を実感することは出来ません。

マグミットは一日の規定量を守れば飲む回数と量を調節しても、体に負担はかからないようにできています。

一回一錠で効かない場合は、たっぷりのお水と一緒に一回二錠飲んで様子を見てみましょう。

 

マグミットを飲むときに注意することは?

 

マグミットは副作用が少ないと書きましたが、即効性が無く、身体や便の状態に合わないと下痢になることもあるので服用には注意が必要です。

一番気をつけないといけないのは、長期間マグミットを飲み続けると腸の機能が弱ったままになってしまうということです。

マグミットの働きで水分をたっぷり含み柔らかくなった便は、腸のぜん動運動が低下している状態でも排泄されます。

そうなると、薬を止めて元の固い便に戻ったときに、機能が低下した腸のぜん動運動ではうまく排便できず、また便秘の状態に戻ってしまうのです。

便秘が改善されたら薬の量を減らし、長期間飲まずに止めるのが良いでしょう。

ストレッチをして体を動かしたり野菜を多く摂取出来る食事を摂ったりして、便秘に効果のある他のことも併用してみると、腸内環境が整い、快便生活が送れるようになるかもしれませんよ。

 

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。