妊婦さんでも飲める便秘薬「マグラックス」について調べてみました。

辛い便秘を解消したくても妊娠中は市販の便秘薬を服用することができませんが、病院で処方されるマグラックスなら妊婦さんでも飲むことができます。

マグラックスは副作用が少なく、お腹の赤ちゃんと妊婦さんの身体に負担がかからないのが特徴です。

妊婦さんでも飲める便秘薬、マグラックス

 

マグラックスの主成分は酸化マグネシウムで、胃酸を中和させたり、腸で必要以上に便から水分吸収するのを防いだりする作用があり、配合されている酸化マグネシウムの量によっていくつか種類があり、便秘の状態や健康状態によって処方される薬の種類が変わります。

[ スポンサードリンク ]


マグラックスが妊婦さんに処方されるのはなぜ?

 

市販の便秘薬は大腸に直接刺激を与えて腸を動かし便意を起こして便秘を解消させるもので、刺激性下剤と言われています。

刺激性下剤は大腸に直接刺激を与えるときに子宮収縮などを引き起こす可能性が考えられるので、妊娠中の服用が禁止されているのです。

 

それに対してマグラックスは、大腸に刺激を与えるのではなく腸の中にある便に働きかける機能性下剤なので、妊婦さんが服用してもお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることがないのです。

妊娠中は、黄体ホルモンの影響により腸内の水分量が低下しやすくなっています。

主成分である酸化マグネシウムが腸内に水を引き寄せることで、便が水分を含んで柔らかくなり、腸壁を滑りやすくなります。

そうすると排便時の痛みやストレスが無くなるので、痔に悩む妊婦さんにも効果が期待できます。

 

マグラックスに副作用はないの?

 

マグラックスは副作用が起こりにくい薬ですが、体調や体質によっては軽度の副作用が現れる場合もあるようです。

下痢や体のだるさ、喉や口の渇き、吐き気、眠気などが代表的な副作用の症状です。

規定量では効果が感じられないからといって自己判断で摂取量を増やすと、過剰摂取により体内でマグネシウム過多の状態になり、高マグネシウム血症になることがあります。

 

高マグネシウム血症になると心臓の働きに悪影響が出るため、妊婦さん自身とお腹の中の赤ちゃんに大きな負担がかかってしまいます。

マグラックスは穏やかな効き目が特徴で、夜寝る前に飲むと朝起きて排便が促されるので良い排便のリズムを作ることができます。

飲んだからすぐに便秘が解消されるわけではないということをしっかり頭に入れて、身体の変化に気をつけながら服用を続けましょう。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。