妊婦でも使える便秘薬『ラキソベロン』ってどんな薬? ~妊婦の便秘とラキソベロン~

女性ホルモンの影響やお腹が大きくなることで便秘になる人が多いですが、お腹の赤ちゃんに影響が出ないよう薬の使用が制限されてしまい、便秘が辛くても市販の便秘薬を使うことが出来ません。

しかし、そんな妊婦さんでも安心して飲むことの出来る『ラキソベロン』という便秘薬があるのをご存知ですか?

妊婦でも使える便秘薬『ラキソベロン』ってどんな薬?

『ラキソベロン』は妊婦さんや赤ちゃん、高齢者でも使える便秘薬として幅広く使われていて、妊娠中に産婦人科で処方される便秘薬もラキソベロンである場合が多いのです。

妊婦さんの便秘を解消してくれる『ラキソベロン』とはどんな薬かみてみましょう。

[ スポンサードリンク ]


便秘薬ラキソベロンとは?

ラキソベロンは大腸刺激性の下剤ですが副作用が少ないジフェニルメタン系の薬剤で、使用し続けることで体に耐性がついてしまう可能性も、一般の便秘薬よりは低いと言われています。

この薬は錠剤タイプと液体タイプの二種類があり、特に液体タイプは量の調整がしやすく、便秘の度合いやその他の症状に合わせて自分に合った量を服用することができます。

産婦人科で処方されることもあるラキソベロンですが、妊婦さんへの投与が100%安全であるというわけではありません。

医師の判断により、便秘を放置しておくことと薬を投与することのどちらが体へ悪影響を及ぼすか判断し、便秘を放置するほう体への危険リスクが上回ってしまうという時だけ、ラキソベロンが投与されます。

便秘体質を改善する方が安心

妊娠中に女性ホルモンの影響やお腹が大きくなることで悩まされることの多い便秘ですが、薬頼みの便秘解消はその場しのぎでしかないのです。

やはり薬に頼るよりも、便秘体質内側から改善するほうがより安心、安全であることは言うまでもありません。

自分の力で自然な状態で便が排出出来るように、生活習慣や食習慣の見直しを行ってみましょう。

妊娠中だけでなく産後まで便秘の症状を引きずってしまう人も多いですから、できるだけ便秘を予防しましょう。

もし便秘になってしまったら、早い段階で対策をおこないひどくなる前に解消しておきましょう。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。