妊婦の便秘には整腸剤、ビオフェルミンが効果的?

便秘や下痢といったお腹の症状を解消させるために整腸剤を飲んだことがある人も多いと思いますが、その中でも有名な整腸剤は「ビオフェルミン」ではないでしょうか?

『赤ちゃんでも飲める~』と言うテレビCMでおなじみですよね。

妊娠中は薬が飲めませんが、赤ちゃんでも飲めるビオフェルミンなら、妊婦でも大丈夫そうですが・・・本当のところはどうなのでしょうか?

妊婦の便秘には整腸剤、ビオフェルミンが効果的?

 

便秘薬や下痢止めとは違うので安心して飲めるのが整腸剤の魅力です。

便秘薬と整腸剤は、お腹の中に溜まってしまった便を薬の作用で出すか出さないかが大きく違います。

便秘薬には、薬の作用によって腸でぜん動運動を起こしたり、腸管から水分を沢山出すよう作用したりしますが、整腸剤は、腸の中の善玉菌を増やすことで排便を促すものなので、直接的に便を排出させる作用はありません。

そのため、整腸剤には便秘薬のように即効性はありませんが、間接的に腸の働きを活性化することで少しずつ便秘体質を改善することが期待できます。

[ スポンサードリンク ]


ビオフェルミンの乳酸菌

ビオフェルミンは乳酸菌が主成分なので、毎日飲んだからといって何か健康被害を起こすことはありません。

薬の摂取を控えたい妊婦さんも飲むことができて、便秘解消の効果が期待出来るのです。

ではビオフェルミンに含まれる乳酸菌にはどのようなものがあるのかみてみましょう。

 

 ビフィズス菌

善玉菌の代表格で、強い整腸作用を持っています。

ビオフェルミンに配合されているビフィズス菌は『GR-1』という腸への定着性が高い乳酸菌なので、大腸に届くと悪玉菌を阻害し、悪玉菌の発生させる有毒ガスを抑えます。

 

 フェカリス菌

善玉菌を増やす働きがあるので、小腸に届くと急速に増殖し、腸内を善玉菌優位な状態に整えます。

悪玉菌の繁殖を抑える働きもあるため、フェカリス菌が腸にあることで腸内細菌のバランスを整えるのです。

 

 アシドフィルス菌

悪玉菌の繁殖を抑える乳酸菌で、小腸に定着して乳酸を作ります。

悪玉菌は乳酸に弱いので、アシドフィルス菌がいることで悪玉菌の増殖を抑えます。

 

このように、ビオフェルミンには便秘に良さそうな乳酸菌が多数入っています。

妊婦でも飲めて便秘に良いなんて、万能に見えるビオフェルミンですが、実は弱点もあるので注意が必要です。

 

ビオフェルミンの注意点

 

万能そうに見えるビオフェルミンの乳酸菌ですが、実は乳酸菌には弱点(注意点)が二つあります。

 

一つ目は、きちんと用法を守って使用すること。

例えばビオフェルミンは「食後」に服用するような用法となっていますが、これにもちゃんと理由があります。

人の胃内は空腹時に強い酸性の状態となる性質があるのですが、乳酸菌は胃酸に弱いという性質があるため、もし「食前」などに摂取してしまうと、せっかくの乳酸菌が胃で死滅してしまうのです。

 

二つ目は、外から取り入れた乳酸菌は腸に定着し難いということ。

腸まで届いた乳酸菌は確かに整腸効果があるかもしれませんが、人の免疫機能によって徐々に便と一緒に排出されてしまいます。そのため、乳酸菌が腸内にいる間は効果がありますが、あくまで期間限定であり、継続して効果が出るものではありません。

 

おススメの方法は、ビオフェルミン(乳酸菌)と一緒にオリゴ糖を摂取する事。

オリゴ糖は腸内に元からいる乳酸菌を活性化させる役割を持っているため、外部から乳酸菌を取り入れるビオフェルミンと併用することで相乗効果が期待できます。

ビオフェルミンの購入方法

 

ビオフェルミンは薬局に行かなくても楽天やAmazonでも簡単に購入する事が出来ます。

楽天市場を確認する(1,882円/350錠)

Amazonを確認する(1,885円/350錠)

※価格はこの記事を作成時点の価格ですので、参考価格です。変動する可能性がありまので、直接各サイトを確認して下さい。

また、おススメのオリゴ糖はこちらから購入できます。

オリゴ糖を確認する

 

ビオフェルミンとオリゴ糖を併用して、スッキリ快適な生活を送りましょう。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。