妊婦さんの鼻水の原因とその対処法|妊娠性鼻炎ってなに?

妊娠してから体質が変わって花粉症になったのかな?と思うほど、くしゃみや鼻水、鼻づまりが続く妊婦さんがいます。

すぐに良くならず続いている場合は『妊娠性鼻炎』かもしれません。

妊婦さんの鼻水の原因とその対処法 妊娠性鼻炎ってなに?

妊娠性鼻炎は妊娠初期症状の一つで、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状が数週間以上続きます。

通常の鼻炎と同じような症状なのですが、妊娠してから急になることから妊娠性鼻炎と言われているのです。

[ スポンサードリンク ]


妊娠性鼻炎の原因は?

妊娠性鼻炎の原因は?

 

妊娠して女性の体のホルモンバランスが変わることが原因で妊娠性鼻炎が起こると言われています。

ホルモンが変化し鼻の粘膜が炎症を起こしたり、鼻の粘膜の血流量が増加して鼻づまりのような症状が現れたり、粘膜の血流量が増加することで鼻水を分泌する腺が刺激されて鼻水も出やすくなったりします。

これまで鼻炎の症状がなかった人が花粉やハウスダスト、タバコの煙などの刺激物によって鼻炎の症状が出るようになったり、以前から鼻炎を持っている人は妊娠をきっかけに鼻炎の症状がひどくなったりします。

妊娠性鼻炎は、早い人だと妊娠初期に症状が出始め、症状が重い人は出産後しばらくは妊娠性鼻炎の症状が続いてしまうのです。

 

妊娠性鼻炎になったらどうすれば良い?

妊娠性鼻炎になったらどうすれば良い?

 

通常、鼻炎であれば抗アレルギー薬が処方され、効き目が強いので薬を飲み始めるとすぐに症状が緩和されていきます。

しかし、妊娠中には抗アレルギー薬を服用することは出来ないので、日常生活において、妊娠性鼻炎の原因となる刺激物質を極力排除することが大切です。

 

 アレルゲンを回避する

花粉やハウスダストが体内に侵入出来ないように、外出時のメガネとマスクは必需品になるでしょう。

花粉シーズンに妊娠しているのであれば、必要以上に外を出歩かない、長時間窓を開けない、帰宅したらすぐに服を着替えて手洗いとうがいをする。

ハウスダストに過敏に反応してしまう場合は、家の中でもマスクを着用しておくと良いです。

 

 鼻をあたためる

温かいタオルを鼻の付け根に乗せたり、湯船にゆっくりつかって体を芯から温めたり、加湿器を使って空気を乾燥させないようにするのも効果的です。

温かく、湿度の高い部屋にいると、妊娠性鼻炎の症状も和らぎます。

 

 計画的に妊娠をする

妊娠前から鼻炎や花粉症がひどい場合は、花粉の飛散の少ない時期に妊娠するように計画するのも一つの方法です。

花粉症の終わるシーズンに受精するように、逆算して子作りするようにしましょう。

妊娠初期には辛いツワリを経験する可能性も高いので、少しでも快適な妊婦ライフを送るためには、ある程度の計画性も必要かもしれません。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。