吐き気の原因はツワリじゃなくて便秘!? 妊婦の便秘と吐き気対策

妊娠中、ツワリで吐き気がするのはよくある事だと思います。
でもなぜかツワリが治まったはずなのに吐き気が治まらない人もいます。
もしかしたらその吐き気はツワリが原因ではなく、便秘が原因かもしれません。。

吐き気の原因はツワリじゃなくて便秘!? 妊婦の便秘と吐き気対策

【便秘に悩む妊婦は多い?】

赤ちゃんを授かった喜びの後には、辛いツワリやお腹が大きくなり体の自由が徐々に失われていく大変な時期が待ち構えています。それでも新しい命を授かることは、女性としてこの上ない喜びです。

妊婦さんの中でも、妊娠中に辛い事としてよく挙がるのが、便秘の悩みについてです。
もともと女性は便秘に悩んでいる人が多いのですが、妊娠することにより症状が悪化したり、普段は便秘にならないのになってしまったりする人も多いのです。

 

これは、女性ホルモンにより腸のぜん動運動が起こりにくくなることが原因です。

女性ホルモンプロゲステロンは、流産を防ぐために子宮の収縮を抑制する作用があります。
これにより、子宮の近くにある腸でも便を排出するためのぜん動運動が起こりにくくなるのです。

ぜん動運動が起こらないと、腸を押し出すことが出来ず便秘になってしまいます。

 

お腹が大きくなる妊娠中期になると、子宮もそれにともない大きくなることで腸などが圧迫され、腸内を移動出来ない便が腸内に溜まり、便秘になってしまうのです。

[ スポンサードリンク ]


妊婦の吐き気

 

妊娠初期であれば、ツワリで吐き気を感じることがあると思います。

そして、ツワリが治まってくるにつれて吐き気を感じることも減ってくるのが普通ですが、人によってはツワリの時期が治まっても吐き気が治まらない事があります。

その場合、吐き気の原因はツワリだけではなく、便秘によるものかもしれません。

 

便秘で何日も排便のない日が続くと、腸内は排出されない便がどんどん溜まってしまいます。
その結果、食事をとっても腸へ下りていかないため吐き気を感じるようになるのです。

吐き気を感じるときは、横になって休んだり、我慢せずに吐いたりしましょう。

お腹が大きくなっていると、トイレで吐く姿勢をとったときにお腹に負担がかかりやすくなるので注意も必要です。

 

便秘による吐き気を起こさないために

 

便秘に悩む妊婦が多いとは言え、吐き気まで感じるようになってしまうと、日々の生活すら困難になってしまいます。

基本的に妊娠中は市販の便秘薬を飲む事は避けたほうが良いと言われていますので、適度な運動をしたり、便秘に効果的な食材を取り入れて食事メニューを考えるようにしましょう。

 

食物繊維の豊富な海藻類や豆類、きのこ類、果物は積極的に摂りたい食材です。果物の中でもバナナには、食物繊維とフラクトオリゴ糖が豊富に含まれています。天然の便秘薬のようなものですので、家庭で常備しておくといざという時に困りません。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品も、腸内環境を整えるには効果があります。

 

便秘に効果のあるものが何でも使える時期ではないので、体に負担をかけない方法で便秘を解消し、不快な吐き気を感じないようにしていきましょう。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。