妊婦の便秘と腹痛の関係。その「腹痛」は大丈夫な腹痛?それとも・・・

『妊婦さんの腹痛』と聞くと、お腹の中の赤ちゃんは大丈夫なのかと心配になってしまいますよね?
実は「腹痛」にも種類があり、場合によってはすぐ病院に行ったほうが良い「腹痛」もあります。

妊婦の便秘と腹痛

 

妊娠中は、体の中にさまざまな変化が生じるため、腹痛を起こしやすい時期であるのは確かです。

便秘であったり、子宮が大きくなることで内蔵を圧迫したりすることが、妊婦の腹痛の原因です。

靭帯が引っ張られることにより、腹痛と共に張りを感じることも多々あるでしょう。

もしあなたの腹痛が、我慢出来ないほどの激痛であったり、出血を伴ったり、子宮にも痛みがある場合は、お腹の赤ちゃんにも影響がある可能性もあるので、すぐに医師の診断を仰ぐようにしましょう。

[ スポンサードリンク ]


危険な腹痛とそうでない腹痛の見分け方

 

妊婦の腹痛は、妊娠中期を迎える頃によく報告される症状です。
(※ここでの妊娠中期とは16週以降を指します)

この時期になると、子宮が通常よりも大きくなって来ます。

そして体のさまざまな部分が圧迫される事によって、腹痛として症状が表れてしまうのです。

・危険な腹痛

腹痛が一過性ではなく慢性的に起こったり、背中の痛みを伴ったり、出血を伴ったりする場合は、胎盤剥離や切迫流産の可能性も考えられます。

おかしいなと思ったら、すぐに医師に診てもらうようにしましょう。

医療の進歩が著しい今日であっても、未だに10人に1人は流産を経験すると言われます。

胎盤剥離や切迫流産の痛みは、腹部の激痛であると思っている人が多いですが、多くの場合緩やかな痛みから日増しに痛みがひどくなるという傾向にあります。

・(わりと)安心しても良い腹痛

便秘や下痢を繰り返す腹痛は、赤ちゃんや母体の命に関わることは無いと言われています。

何も対策をしなければ、妊婦のほとんどが妊娠中の便秘を経験します。そうならないためにも、便秘にならないような生活習慣の見直しと、食生活を心がけましょう。

子宮が大きくなると、子宮を支える靭帯が伸びて腹痛の症状が表れることもあります。これは一過性の痛みや張りですので、赤ちゃんの成長であると捉えて良いでしょう。

お腹が大きくなっていくと、日常生活にもさまざまな支障が出やすくなります。

妊婦の腹痛は珍しいことではありませんが、全ての腹痛が安心出来る腹痛であるとは限りません。いつもと違うと感じたときは、自己判断をするのではなく、かかりつけの医師に相談しておくと安心です。

 

便秘の場合は、適度な運動や食生活の見直しを行い、赤ちゃんに負担をかけない方法で解決することを考えましょう。

食生活の中に便秘解消に効果のあるオリゴ糖などをプラスするのも良いでしょう。オリゴ糖は妊娠中や授乳中でも使用できるカイテキオリゴや、はぐくみオリゴなどのサプリメントがおススメです。

甘みがあるので砂糖の代わりに料理に使うだけで、簡単に摂取できますからね。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。