妊娠中に急に不幸が起きた場合、妊婦はお葬式に鏡を持って行かなければならないの?

妊娠中にお葬式に出るときは「お腹に鏡を入れないといけない」という話を聞いたことはありませんか?

妊婦さんは葬式に鏡を持って行くの?

人の死というのは年齢を問わずに突然訪れるので、妊娠中に遭遇しないとは限りません。

亡くなられた人を偲ぶ想いは妊婦さんでも変わらないものなので、現在では妊娠中だからと言って葬式を遠慮する必要はありませんが、お腹に鏡を入れないといけないと言う人もいます。

[ スポンサードリンク ]


いつ鏡を持てば良いの?

いつ鏡を持てば良いの?

お通夜やお葬式のときは鏡を持たなくて良いのですが、最後のお見送りである火葬場まで付き添う場合に、鏡の面を外側に向けお腹に入れておきます。

腹帯などで固定できますし、マタニティ喪服の中にはお腹に鏡を入れるポケットが付いているものもあります。

お腹に腹帯をするのが難しければ、上着のポケットに入れても構いません。

 

妊婦さんが鏡を持って行くのはなぜ?

妊婦さんが鏡を持って行くのはなぜ?

妊婦さんや赤ちゃんの生存率が低かった時代、大昔の風習の名残で、諸説あります。

・葬式に参加することによる、肉体的、精神的負担により早産になってしまったり、妊婦さんが病気になってしまったりするリスクを避けるため。

・亡くなられた方がこの世に未練を持っていた場合、赤ちゃんを一緒に連れて行こうとするのを防ぐため。

昔から鏡には魔力があるので、お腹の赤ちゃんに悪いことが起こらないように守ってくれると言われていました。

 

妊娠中、葬式に参列する時の注意点

妊娠中、葬式に参列する時の注意点

悲しみが大きいと葬式の最中に気分が悪くなってしまうこともあるので、ツワリやお腹の張りなどの体の不調がある場合は、参列しない方が良いでしょう。

親しい人の葬式であれば、斎場に長くいることになりますが、悲しい気分や参列者への挨拶、式前後のお手伝いなど、肉体的、精神的に負担がかかりやすいので、自分の体調の良し悪しを把握して、無理をしないようにして下さい。

立ったり座ったり、裏でお手伝いをしたりすると、足が浮腫んできたりお腹が張ってきたりすることもあるので、無理のない程度にしておきましょう。

妊娠中であるため、長居出来ない旨を伝えておくのも良いと思います。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。