妊娠中にお葬式に行くことになった場合、妊婦さんはどんな服装でお葬式に行けば良いのか?

妊娠中にお葬式に行くことになった場合、妊婦さんはどんな服装でお葬式に行けば良いのでしょうか??

妊婦さんの葬式での服装は?

亡くなられた方との関係にもよりますが、葬式は長時間座りっぱなしだったり、立ったり座ったりする機会が多く、思っている以上に体に負担がかかってしまいます。

式中に無理をしないよう、慌てず準備できるように、靴や持ち物、注意点も合わせてみてみましょう。

[ スポンサードリンク ]


妊婦さんが葬式へ行くときの服装は?

妊婦さんが葬式へ行くときの服装は?

お腹を締め付けない喪服を選んで着るようにしましょう。

お腹の目立たない妊娠初期であれば、普段着ている喪服を着ても構いませんが、お腹周りがタイトなデザインであれば、新しく新調する方が良いです。

妊娠中期や後期であれば、マタニティ用の喪服を用意しましょう。

葬儀場に相談すれば、レンタルすることも可能ですが、急な葬式で、マタニティ用の喪服が用意出来ない場合は、黒や紺のシックな服装であれば問題ありません。

 

妊婦さんが避けるべき葬式の服装

妊婦さんが避けるべき葬式の服装

実の親や義理の親が亡くなった場合、着物を着る習わしのある地域もあります。

着物は帯だけでなく、腰紐などでお腹周りを締め付けることになるので、妊娠中は避ける方が良いでしょう。

ヒールの靴も転倒の危険があるので、フラットな靴を履いて下さい。

喪服の用意が出来ず黒や紺の手持ちの服で行く場合、サテン地や柄物、デザイン性の高い服は避けましょう。

 

葬式では寒さ対策も必要!

葬式では寒さ対策も必要!

季節を問わずスーツや着物で葬式に参列する人が多いため、葬式場は空調がよく効いています。

カーディガンやストールなど、寒い時に羽織れるものを一枚持って行きましょう。

普段から冷えを感じている人は、厚手のタイツにパンツでも大丈夫です。

 

葬式での注意点

葬式での注意点

誰かが亡くなるのは、精神的にダメージのあることですし、葬式は心身共に疲労を感じやすいものです。

葬式の最中に気分が悪くなったり、体調に異変を感じたりした時は、空いてる部屋を使わせてもらって横になるようにしましょう。

お茶出しや洗い物など、葬式でやるべきことも多いですが、何よりもお腹の中の赤ちゃんのことを一番に考えて、自分の出来る範囲でのお手伝いをするようにしましょう。

自分の代わりに色々と動いてくれた方には、お礼の言葉を忘れずに伝えるようにしましょう。

    [ スポンサードリンク ]

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]

    【免責事項】 当サイトでは出来る限り「妊婦さんに配慮した内容」となるよう記事を作成しておりますが、記事の内容については、あくまで一般的な意見として記載しており、各個人様に対してその内容を保障するものではありません。 当サイトの内容についてはあくまで参考意見として頂き、実践される場合はご自身の責任において、又は担当医師様にご相談の上で実践頂きますよう、お願い致します。